鍼灸治療にはどのような効果がありますか?

古来から伝わる鍼灸治療には、以下の効果が証明されています。
  〇鎮痛効果  〇内蔵機能への効果  〇血流に関する効果  〇リラックス効果  〇免疫力への効果

とかく肩こり、腰痛のイメージのある鍼灸治療ですが、研究所、医療機関、大学などの研究機関によって、身体への効果は幅広く証明されています。
その効果はWHO世界保健機関でも認められ、今では世界中で鍼灸治療が盛んにおこなわてております。

鍼は痛いのでしょうか?

「はり」というと真っ先に注射を思い出すのではないでしょうか?
当院で主に使用する鍼治療の鍼は直径が0.10~0.20ミリメートルで、採血で使用する注射針の約10分の1程度です。
ちなみに「蚊」の口の太さが0.08ミリメートルです。蚊に刺されても痛みを感じないように、鍼灸治療でも刺された痛みはほとんど感じません。ただ、筋肉に刺激があると、重だるいような「鍼のひびき」を感じます。

お灸は熱いのでしょうか?やけどが心配です。

鍼灸師のひねるお灸の大きさは米粒大といわれ2ミリ×4ミリ程度の大きさで、燃焼時には鍼灸師が指で温度調節を致します。
そのため、温かさを感じる程度で、強い刺激でもチクッと感じる程度です。漫画のような大きなお灸は使いません。

衛生面は大丈夫ですか?

当院で使用する鍼は全て滅菌処理の単回使用ディスポーザブル(使い捨て)です。また、治療前の手洗い、消毒を徹底しております。

副作用はありますか?

鍼灸は体に優しい治療です。体の自己治癒力を高めるものですから副作用はありません。終了後は血流が改善して多少ふらつく場合がありますが、すぐに治まります。

受診に関して気を付けることはありますか?

受診直前の食事、飲酒後の受診は避けてください。治療後はなるべく普段通りの生活をしていただき、睡眠時間を確保してください。

妊娠中でもかかれますか?

お医者様から止められていなければ大丈夫です。受診の際はお体の調子を伺い、安全に配慮いたします。

初めての方はこちらをご覧ください。

栃木県大田原市の鍼灸院/はり・きゅう・整体/夜間・土日診療/いぶき鍼灸院